ブログ

屋外ヨガイベントを雨でも中止にしない、本当の理由(1/2)

北九州ヨガスタジオココカラ。みんな1つ。

北九州のヨガスタジオ、ココカラの水島崇皓です。

 

先日、2016年度初!

ドラゴンズタイムビーチヨーガが開催されました♪

 

北九州ヨガスタジオココカラ、ビーチヨガ

 

『辰の刻』に『龍のエネルギー』を取り入れながら、

『自然』を感じる。

『いざ』という時の、『運』をあげる!

というのが、このイベントの趣旨なのですが、

今期最初は、『雨』でした。

 

まだ『5月』の『屋外イベント』。

しかも『海』!

ちょっと肌寒い。。

そこに『雨』が加わると、普通は『中止』ですね。

 

ですが、僕たちは、多少の雨なら『決行』です!

(気温が冷え込んで、土砂降り、など、集中しにくい環境の時は中止しますが)

 

北九州ヨガスタジオココカラ。ヨガイベント。ビーチヨガ。

 

なぜなのか?

もちろん、

「せっかく参加者の皆さまが、この時間わざわざここまで来てくれた」ので、

「なんとか、少しでもヨーガが出来れば」

というのもあります。

 

ですが、

『本当の理由』

は、別のところにあるのです。

 

では、逆に、『屋外』で『雨』だと嫌な理由はなんでしょう?

・濡れるから

・せっかくセットした髪の毛が、、、

・メイクが落ちる、、、

・服が濡れる

・肌寒い

・濡れたあと、体調壊しそう

・持ち物が濡れる

 

色々とありそうですね。

しかもこれって、

『屋外イベント』だけではなく、

『普通の雨の日』にでも

当てはまることではないですか?

 

・なんか雨だと、外に出たくない。

・今日は雨だから、出かけるの延期しようか。

・雨でやる気でないから、今日は1日寝てよう。

 

ね?

当てはまるでしょ?

 

では、雨って、

『小さな子供の頃』

から、嫌なものだったですか?

 

・雨靴はきながら、水たまりをバチャバチャ楽しく走り回る♪

・雨濡れるのも気にせず、傘を逆さにしたり遊ぶ。

・そもそも、雨降ってるのに傘をささずに遊ぶ。

・雨で、道路脇を流れる『水』が、川みたいで楽しい♪

・雨の日のカエルの合唱が、心地いい♪

 

こういう感覚は、ありませんでしたか?

 

北九州ヨガスタジオココカラ、子連れヨガ。ビーチヨガ。ヨガイベント。

 

『雨』というものが、

『嫌なもの』に変わったのは、いつからなのでしょう?

 

 

人というのは、大人になるにつれ、

社会にうまく溶けこめるように、

『ペルソナ』という名前の仮面をかぶっていきます。

 

原始的なな欲求を抑圧し、

『ルール』や『思い込み』、『経験』などに縛られていくのです。

 

そうして、『本来の自分』を、

『自分でも無意識のうちに』

隠してしまうんですね。

 

自分で隠していることさえ、気づけない。

 

そうして、自分で殻をかぶっていってしまい、

その殻を維持することにエネルギーを使ってしまう。

 

もったいないですね。

 

では、本来の自分を出して、

ストレスなく生きるにはどうしたら良いのでしょう?

 

続きはこちら →


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る