ブログ

寝つきが悪い人、やる気が起きない人のための、呼吸の秘密(1/3)

北九州市、福岡市天神ヨガスタジオココカラ。子連れ、親子ヨガ。呼吸法。

皆さん、こんにちは。

北九州市、福岡市天神のヨガスタジオ、ココカラ。

水島崇皓です。

 

今日は、『呼吸』『眠り』の関係について、

お伝えしたいと思います。

 

子連れ 北九州 ココカラ 美脚 ボートのポーズ

 

こんな人、いませんか?

 

・寝つきが悪い。

・布団に入ると、目が冴える。

・眠りが浅い。

・眠ろうとするほどイライラする。

・朝起きれない。

・朝ぼーっとする。

・午前中は調子がでない。

 

これらの症状、

『呼吸だけ』で改善に向かう、

と言ったら、びっくりします?

 

実は、『呼吸法』1つで、大きく変わるんです!

 

そんな呼吸法の秘密を、ちょっと紹介です♪

 

子連れヨガ北九州ココカラ 子ども&ママ

 

眠りにくいも、朝やる気がないも、

結論から言えば、

『自律神経』

の調整により、改善可能です。

 

自律神経とは、

大きく2種類に分類できます。

 

『交感神経』



『副交感神経』。

 

『闘争&逃走反応』(Fight & Flight Response)と呼ばる、

交感神経。

 

文字通り、『戦う』か『逃げる』か、

という時に優位になります。

 

例えば、散歩をしていたら、『野犬』が目の前に。

こっちを見て、うなっている!

もしかしたら、狂犬病??

 

こんな時は、

『戦う』か『逃げ出す』かを選択しますよね。

 

そんな時は、心臓バクバクします☆

そうです。

逃げるか戦うかするために、

酸素を全身に行き渡らせる必要があるからです。

当然、心臓の鼓動が早くなります。

脈が早くなる。

 

そんな時、悠長に『食べ物を消化』している場合ではないですよね。

 

なので、心臓以外の臓器は、動きが低下します。

 

これが交感神経優位の状態。

 

この『戦う』は、

何も『肉体を使って』に限らず、

・仕事をしている

・パソコン操作

・スマホ操作

・スポーツ

・誰かに嫌なことを言われる

・怒りの感情

こんな時も優位になります。

 

『活動をしている』

ということですね。

 

スマホなどの、『明るい画面』も、

交感神経を優位にします。

 

メンタルブロック解放エネルギーマスター北九州水島知乃歩ヨーガスタジオココカラ

 

では、副交感神経。

『休止&計画反応』(Pause & Plan Response)と呼ばれます。

 

ゆっくりとリラックスしている状態で、

文字通り『休止』しています。

休めているのですね☆

 

こんな時は、目先のことにとらわれず、

先を見越した考えなどが出来ます。

 

副交感神経優位の時は、

心臓の鼓動が緩やかになり、

その代わり、その他の臓器が活発化します。

消化もよくなるんですね〜♪

 

子連れヨガ北九州ココカラ こうきくん2

 

この2つの自律神経、

これは、どちらが良い悪いではないんです。

 

『バランスが取れていること』

 

これがベスト。

 

状況により、うまく切り替わるといいんです♪

 

このバランスが崩れるからこそ、

問題なんですね。

 

では、崩れたバランスを元に戻すには、

どうしたら良いのでしょう?

 

続き(次のページ)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る