ブログ

入院日記その2「焦らずいこうよ」(2/5)

北九州市ヨガスタジオココカラ、福岡市天神ヨーガスタジオ。ヨガインストラクター。

前のページ(1/5)はこちら

 

先生C「ちょっと痛いよーーー!」

僕「!!!!????」

 

何か、よくわかんないけど、痛い!!

すっげぇ何かが吸い取られていく・・・

 

先生B「輸血準備できた!?」

 

輸血!!??

 

吐いた中に血が混じってたのかな・・・

それにしても輸血とは・・・

 

何か他人の血が体に入ってくるのは、

凄い抵抗がある :cry:
 

そうこうしてると、今度は右腕に痛みが!

 

僕「右手が痛いんですけど・・・」

女医B「ああ、点滴入れたまま血圧測ってるんで、

ちょっと圧がかかって血管痛がしてるんですね :-(

 

いつの間にやら右手にも点滴が!

 

なんかさっきからあちこち刺されてるから、

もはや点滴なんだか採血なんだか注射なんだか 8-O
 

女医B「血圧、40の20です!」

 

は!!??

 

40の20!!!!????

 

さすがに低すぎるよね・・・

 

先生A「脈拍もずっと下がってます :-(

先生B「この際仕方ないけ、もっと急いで、どんどん*****を投入しろ!!」

(*****は、専門用語のため分からず)

 

え、何!?

意外と僕、

状態悪いの!!??

 

うーーーん、でも、何ていうのかな、

俺、絶対死んだりしないから、

そんなに焦らなくていいよ☆

 

うまく伝えられないけど、

「絶対に死なない」

という事だけはよく分かる。

 

なんか本能として、

「死」を感じない。

 

ま、でも、電気の心臓マッサージというか、

蘇生機みたいなやつ、

あれ使われるのは嫌だな(汗)

 

なんか痛そうだし、

肋骨折れたりするっていうし :-|
 

ちょっと気合入れるか・・・

 

先生B「バルーン用意して。管入れて。」

女医A「はい!」

先生B「ごめんねーーー、ちょっと変な感じがするけねーーー :-|

 

なんか嫌な予感・・・

管を入れる!?

 

どこに!!??

 

女医A「パンツも脱がしていいですかね!?」

先生B「いいって!遠慮するな!!」

女医A「はーーーい!」

 

やっぱり!!!

 

なんかそれ、本で読んだことある!

尿管に管入れて、勝手におしっこ垂れ流すやつ・・・

お願い、それだけはやめて(´Д` )

 

女医A「この際全部脱がしちゃお!」

先生B「おう、遠慮するな!」

 

ズボンもパンツも脱がされます・・・

動けないんで、されるがまま・・・

 

あぁ、こんな時になんですが、

勃ったりしたらどうしよう :oops:
(下ネタ失礼!)

 

女医A「ごめんねー、ちょっと変な感じするよー☆」

 

僕「!!!!!!!!!!」

 

続きはこちら(3/5)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る