ブログ

GW明けの憂鬱・だるさを解放する方法

北九州ココカラヨガ 子連れヨガ北九州 ママヨガ北九州 ココカラヨガ子連れ

こんにちは。

一般社団法人ココカラ 子連れヨガ講師の中川絵里です。

子連れヨガ北九州ココカラヨガ こうきくん

 

ゴールデンウィークが明けて、暖かい日が続くようになりましたが、なぜか憂鬱なったり、疲れやすかったりしませんか?

 

ヨーガスタジオココカラ北九州

 

この時期になると、
・何だか体が疲れやすい
・憂鬱になったり、ストレスが溜まりがち

・人になんだか会いたくない
とはいってもなかなか人に打ち明けられなかったり、相談できなかったり、

しますよね。

 

年末年始の忙しさや、忘年会や新年会続きで体にかかっていた負担が、

この時期になると、少しずつ不調として現れてくるようです。

 

そして、初夏は春に引き続き芽吹きの季節。

植物は一斉に新しい芽を出し始めます。

福岡ヨガスタジオココカラ北九州ヨガスタジオココカラ 本格足つぼ北九州ヨガ

この芽吹く季節は、ふきのとうや、山菜、筍、菜の花など、アクや苦味を出すものが多いですよね。

このアクや苦味を出す=デトックスです。

 

私たちの体も、自然界の流れに伴って、
アクや苦味を出す
=溜まっていた心身の疲れや毒素を排出する
=デトックス期
になります。

 

子育て中のママは、体調がすぐれなかったり、イライラ、モヤモヤする事が多くなったり
授乳中のママは、おっぱいが詰まりやすかったりする事もあるかもしれません。

 

こういった不調が続く時こそ、チャンスです。

02807980a8053ae13f38b1a04b295693_s

 

自分の体や心の状態に耳を傾けて、上手にデトックスできれば、身も心もスッキリ軽やかになれるでしょう。

体や心の状態に耳を傾けるといっても、難しく考える必要はありません。

まずは、疲れている自分や体の痛いところ、なんとなく感じている不調を受け入れてみます。

客観的に自分の状態が分析できると、一旦不調の渦中から抜け出して、自分の状態に気がつく事ができると思います。

 

自分の状態がわかると、不調にどう対応したらいいかが自ずと感じてきます。

上手くデトックスして快調に向かうには、まず「自分がどういう状態で、何が嫌で、どうしたいのか」を感じる必要があるという事です。

 

ヨガでいうところの、自分を知る  です。

この、自分の状態を知る、という時におすすめなのが、ヨガです。

 

難しいポーズは必要ありません。

ただあぐらになり、軽く目を閉じて、深く呼吸をするだけでも効果があります。

心がざわついたり、つい考え事をしてしまってもいいんです。

 

福岡天神ヨガスタジオココカラ北九州ヨガスタジオ ココカラ 本格足もみ北九州ヨーガ 子連れヨガ北九州子連れヨガ北九州 北九州子連れヨガママヨガ宇宙 アニメヨガ

 

まずはそういう自分(=ありのままの今の自分)を感じる事が大切です。

仰向けになって、胸の前で膝を抱える赤ちゃんのポーズもおすすめです。

 

体を丸めて、自分で自分を大事に抱きしめるこのポーズは、お母さんに包まれているような安心感があり、自然と癒されていきます。

 

またこのポーズは、別名ガス抜きのポーズとも呼ばれ、便秘解消や腰痛にも効果があります。

便秘が解消されると腸がキレイになるので、美肌効果も期待できますね。

 

また、少し膝を開いた正座の形から、体を倒して前屈するポーズも、足腰の疲れや背中の歪みがとれ、自律神経の調子を整えるのでおすすめです。

北九州子連れヨーガココカラ

ポーズをとる余裕のないときは、深呼吸をするだけでもリラックス効果があるので、ぜひやってみてください。

 

 

春はデトックス期だから、不調でも仕方ないんだ!といい意味で開き直る(受け入れる)のもアリだと思います。

もちろん春先だけでなく、不調は起こると思います。

そんな時も先ほどのポーズや深呼吸は効果的ですので、試してみてくださいね。

 

福岡天神ヨガスタジオココカラ北九州ヨガスタジオ ココカラ 本格足もみ北九州ヨーガ 子連れヨガ北九州子連れヨガ北九州 北九州子連れヨガママヨガ宇宙 アニメヨガ

 

疲れている自分やイライラしている自分も大切な自分自身です。

どんな時も自分を否定せずに、少しでも楽に毎日を過ごしてもらえたらと思います。

最後までお読みくださって、ありがとうございました。

 

ー子連れオッケーママのための子連れヨガクラスー

毎週水・木曜日10時30から11時45分

現在水曜日は満席のため、木曜日の体験の方募集中です✨

子連れヨガワンコイン体験レッスンはこちらをクリック↓↓↓

北九州市の子連れOKヨガの体験はこちら

 

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る