水島 知乃歩(みずしま しのぶ) | 北九州でヨガインストラクター資格を取るならヨガスタジオココカラ
  1. TOP
  2. 水島 知乃歩(みずしま しのぶ)

水島 知乃歩(みずしま しのぶ)




ヨガ講師育成家
一般社団法人ココカラ 理事
全米ヨガアライアンス認定講師(2022年現在も認定講師更新中)



ヨガ講師歴16年で、のべ約140,000人にヨガを指導。
北九州を中心に、ヨガインストラクターとして活動している直接の弟子は90名を超える。
また、北九州市でヨガインストラクターをしている人が誰に師事したのかを辿っていくと、水島 知乃歩に辿り着く、という方も多い。
北九州ヨガ界の第1人者の1人。



そんな水島知乃歩のプロフィールがこちら↓



2012年春、主人がベットから起きれなくなりました。



いろんな病院を巡り、わかったのは仕事のやりすぎで精神疾患になったといこと。一年半の休業を余儀なくされ、主人は薬漬けの毎日。私は仕事と看病の日々が続きました。



結婚したばかりでしたが、夢の新婚生活は音を立ててガラガラと崩れていったのです。



「なんでわたしばかりこんな目にあわなければいけないの」「離婚するしかないのか」



出口のない問いで、主人や他人、自分を責めて、心も身体も壊れそうでした。



そんな中、私は主人を看病し続ける事で、主人を通じて身を以て体感したことがあります。それは、ヨーガ哲学の中に出てくる『自と他の境界線を取り除く』という教えです。



相手の未熟なところは自分の未熟なところ、相手を見ながら自分の未熟なところを認める。相手を大切にすることは自分を大切にすることと同じ。



私は、自分を認める事、他人を認める事が大切だと気がつきました。



そんな自分の未熟なところを認められるようになり、人に頼れるようになって、自分と周りの人との調和をはかれるようになったのです。



自分のことが認められるようになると、自然と周りの人のことも認めることができるようになり、自分のことと同じように周りの人のことも好きになっていきました。自分も人も、本当の意味で信じられるようになってきたのです。



それまでは、自分も他人も認めていなかったから、信じれていなかったのですね。



辛い状況でもきっと大丈夫だと希望がみえました。



主人の症状も回復しました。





その経験があって私は



人に寄り添うということの大切さ他人を通じて自分を認めることの大切さ人と調和して生きることの大切さ本当の自分を見つめることの大切さ



を学び、そのお陰で自分に自信がつき、周りの人と仲良くなり、周りの人へ信頼感を与えることができるようなったのです。



その辺りから、お客様から、



「天使の羽で包まれているような安心感を感じます」「とても癒され、元気をもらえます」「とても居心地が良いです」



と言っていただけるようになりました。



現在は、ヨガと心理学で病気を克服した主人と



2014年6月にヨーガスタジオココカラを、2016年1月に一般社団法人ココカラを設立しました。



ヨーガ講師育成家 ヨガ講師歴16年目



自信を持って活躍出来る居場所を提供します。



毎日を充実して過ごし、自分らしく楽しく生きていく、ヨーガな生き方をお伝えしています。



私は、本当の自分や、物事の本質を見つめ続けたことで、全て起こったことは必然である、と気がつきました。



全ての事に感謝し、今を生きる。私たちのように毎日を楽しく過ごす人が増え、世の中の人が健康で幸せになるように全力でお手伝いさせていただきます。



是非、ヨーガに触れ、あなたらしい充実した毎日を手に入れてくださいね♪




コメント

  1. 山本 伸作 より:
     水島先生も大変苦労をされましたね。先生が言われている「全て起こっはた事は必然である」と言う事に私も賛同します。私の好きな言葉は「人生100%運である。」です。これは以前、作家の石川英輔氏がテレビで言っていた言葉です。また、米国の社会学の先生も”Personality is the total sum of previous experience.”(人格はその人の生まれてからそれまでの全ての経験の総和である。)とも言っています。
     今日も動画等送って頂きありがとうございました。今後ともヨガでよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)